株式会社ジーダット

NEWS
×Close
2021/11/26
お知らせ
ジーダット、パワーデバイス向け自動レイアウトツールを発売
報道機関各位
2021年11月26日
株式会社ジーダット

ジーダット、パワーデバイス向け自動レイアウトツールを発売



 株式会社ジーダット(本社:東京都中央区、社長:松尾 和利、以下「ジーダット」)は、パワーデバイス(IGBT/RC-IGBT/SiC)向けのチップレイアウト自動生成ツール:PowerGeneratorを開発し、2021年12月末に販売を開始します。

IGBT/RC-IGBT/SiC等に代表されるパワーデバイスの設計では、レイアウトを構成する要素が多く、かつ複雑であるため、従来の自動レイアウトツールは適用できず人手による設計が主流でした。そのため、設計効率化が進んでいないこと、また回路図があることを前提とするポストレイアウトシミュレーション手法の適用ができない等の要因から、設計と実機評価のイタレーションを繰り返すことが必須となり、設計効率向上の障害となっていました。

ジーダットは、株式会社デンソー(以下「デンソー」)から相談を受けて、SX-Meister Ismo-Advanced上で実行可能な、パワーデバイスチップレイアウト設計に特化した、自動レイアウト設計ツール:PowerGeneratorを開発しました。このPowerGeneratorをデンソーがテスト運用した所、従来1週間強を要していたチップレイアウトの設計を、約30分以内で完了させることを確認しました。

ジーダットが従来から販売している、パワーデバイスの高速/高精度電源解析ツール:PowerVoltと、今回発売するパワーデバイスチップ自動レイアウト設計の自動ツール:PowerGeneratorを組み合わせることで、短期間でレイアウト設計から特性確認が可能となり、試作コスト削減・設計期間増加リスクの大幅な削減効果を期待できます。

なお、PowerGeneratorの製品紹介、およびデンソーによる事例紹介は、
2021年12月1日(水) 13:15~16:35 に開催されるJEDAT Solution Seminar 2021 Live in Winter で実施します。
http://www.jedat.co.jp/event/Event.html?y=2021&file=jedat211022080437

・PowerGeneratorの主な機能と特長
- パワーデバイスチップに特化したレイアウトを自動生成
- パワーデバイスに特化したモデルにより人手設計に近いレイアウト結果を実現
- 簡易な設定ファイル(設計仕様・テンプレート)
- 指定チップサイズにあわせデバイスのアレイサイズを自動算出

・販売開始時期: 2021年12月末 (SX-Mesister V12.0)


■ 株式会社ジーダット(Jedat Inc.)概要

所在地:東京都中央区湊1-1-12 HSB 鐵砲洲
創 業:2004年2月2日
資本金:760,982,760円
代表者:代表取締役社長 執行役員 松尾 和利
URL:http://www.jedat.co.jp
事業内容:半導体やFPD(Flat Panel Display)向けCADソフトウェア(EDA)の研究、開発、販売およびコンサルテーション

■ 本件に関するお問い合わせ先

○ 株式会社ジーダット
  営業企画部 小野 信任
  TEL:03-6262-8401
以上
ダウンロード