■ ジーダットがiPDKをサポート
2011.01.20 
 
報道機関各位
2011年1月20日
株式会社ジーダット
ジーダットがiPDKをサポート
 
   株式会社ジーダット(本社:東京都中央区、社長:石橋眞一、以下「ジーダット」)は、カスタム/アナログ設計プラットフォームであるα-SX(R)がIPL(Interoperable PDK Library)Allianceが標準化を推進する iPDK(interoperable process design kit)をサポートすると発表しました。

   ジーダットはすでに2007年9月よりIPL Allianceに加盟し、標準化対応を進めて参りました。iPDKのサポートによって、ファブレスメーカや半導体メーカの設計者は、ジーダットが提供する先進の設計環境で最新のプロセス・テクノロジを利用できるようになり、ライブラリ開発工数の削減や効率的な設計資産の再利用が可能となります。

   iPDKにはシンボル、パラメタライズド・セル、コールバックパラメータ、テクノロジ・ファイルなどが含まれており、IPL Alliance加盟のファウンドリや半導体メーカより、先端のプロセス・テクノロジに対応したPDKが提供されます。iPDKを利用する半導体設計者は、従来のようにEDAベンダ固有のPDKに依存する必要がなくなるため、最適な設計ツールの選択肢が広がり、コストの削減と設計期間の短縮につながります。ジーダットは、2011年3月予定のリリース・バージョンにて、フロントエンドからバックエンドまでの全アプリケーションでiPDKのサポートを行います。

   なお、1月27日・28日パシフィコ横浜で開催されるEDSFair2011のIPL Allianceブースにて、ジーダットのデモンストレーションをご覧いただけます。

IPLのメリット
単一のPDKであらゆるOpenAccess対応ツールをサポート可能
PDKの開発期間およびサポートコストの大幅な削減
カスタム/アナログ設計フロー構築の柔軟性
設計資産の再利用性
 
α-SXのiPDK対応形式
イメージ図
 
   iPDKとは
     IPLは2010年2月、相互運用可能(EDAベンダーを問わずに利用可能)なプロセスデザインキット「iPDK」のオープンスタンダードを発表しました。PDKの共通化によりアナログ/ミックスドシグナル設計のコスト削減に寄与します。このオープンスタンダードは、IPLの創立メンバーの1社 であるCiranovaが開発した「PyCell Studio」のパラメタライズドセルライブラリを推奨しています。IPLメンバーは、iPDKの開発や検証に関連する情報にアクセス可能です。

 
   IPLアライアンスについて
     IPL(Interoperable PDK Library)アライアンスは、インターオペラブルなPDKの開発と普及を通じてカスタム設計のための相互運用可能な設計環境を構築することを目的に2007年、Applied Wave Research(AWR)、Ciranova、SpringSoft、Silicon Navigator、Synopsysの5社を創立メンバーとして設立された業界団体です。現在の加盟企業は、Accelicon Technologies、Agilent Technologies、Altera、Applied Wave Research (AWR)、Ciranova、Coventor、Empyrean、GRID Simulation Technology、Helic、JEDAT、Juspertor、LFoundry、Magma Design Automation、Mephisto Design Automation、 Micrologic Design Automation、Micro Magic、Parallel Engines、Sagantec、SpringSoft、SRARC、STMicroelectronics、SynCira、Synopsys、Tanner EDA、TowerJazz、TSMCです。Mentor GraphicsとPulsicは協力企業として参画しています。

 
   株式会社ジーダット(Jedat Inc.)概要
 
所在地 東京都中央区日本橋人形町2-26-5
設立 2004年2月2日
資本金 760,007,110 円
代表者 代表取締役社長 石橋眞一
事業内容 半導体やFPD 向けのCAD ソフトウェア(EDA)の研究、開発、
販売およびコンサルテーション
URL http://www.jedat.co.jp
 
   本件に関するお問い合わせ先
 
【報道機関】
株式会社ジーダット  経営企画部  田中憲一
TEL:03-5847-0312
以上
*リリース文のPDF版はこちら