copyright

■α-SX V3.4.0をリリースしました。

 2009.02.20

α-SX V3.4.0リリースのお知らせ
 
 

この度、α-SX V3.4.0をリリースしましたのでお知らせ致します。
今回リリースしましたV3.4.0は、 主に設計効率の向上及び外部インターフェースの強化を目的に機能拡張を行ないました。主な拡張内容は次の通りです。

 
 
 

動作プラットホーム
・Windows Vista SP1の追加

 


新規製品リリース
・Mosla:アナログブロック自動プロトタイピング
・SimfaceLCD:LCD画素特性シミュレーションI/F
・FineCFC:カラーフィルタ設計機能

 


全体
・ライセンスの取得方法を変更しました。

 
ダイアログ起動などで自動的にライセンスを取得するようにしました。
また、セルのオープン・クローズでのライセンスの取得と解放処理を変更しました。

・単位系をサポートしました。
・デザインエクスプローラで、Ismo/Ascaのデータを表示してオープンするなどの機能を追加しました。
・制約管理(CVM)をタブメニューに追加しました。

 


Ismo

・制約ドリブン編集機能を追加しました。
・エディットインプレースにリードモードでオープンする機能を追加しました。
・ECO機能を改善しました。

 


Asca
・OpenAccess I/Fをサポートしました。
・ネットの色設定機能をサポートしました。
・要素名のツールチップの表示機能をサポートしました。
・スケマティックジェネレータでIsmoからの回路図生成をサポートしました。

 


シミュレーションI/F

・対応シミュレータを拡張しました。(Synopsis社 HSIM,HSPICE RF)

 


Hbuilder

・階層構築前のネットリスト自動保存機能を追加しました。
・階層参照機能を追加しました。
・ジャーナル自動保存、実行機能を拡張しました。
・同型回路の階層化機能を追加しました。
・制約情報のレポート機能を追加しました。
・Ismo,Ascaとの同時クロスプローブをサポートしました。

 


AnalogCreator

・Coulom,Laplace,Amper,Protonなど各製品を機能拡張しました。

 


FineCreator

・累進寸法コマンドを新規追加しました。
・寸法スタイル管理を機能追加しました。
・フィレットコマンドを機能追加しました。
・隙間セル配置コマンドを機能追加しました。
・FineRFP,FineGFP,FineFPC,FineAcresなど各製品を機能拡張しました。
・FineERCを高速化しました。(約3倍)

 

技術的なお問い合わせ窓口
   

α-SX 専用 E-mail :こちら
ホットライン専用(直通) :03-5847-0318 / 050-5555-5604(IP電話)

 
営業的なお問い合わせ窓口
   
東京営業 :03-5847-0313 / 050-5555-5603(IP電話)
大阪営業 :06-6150-0930