■ 統合回路設計ツールC3(Circuit-Cube)の販売開始に関するお知らせ
2009.10.20 
 
報道機関各位
2009年10月20日
株式会社ジーダット
統合回路設計ツールC3(Circuit-Cube)の販売開始に関するお知らせ
 
 
   株式会社ジーダット(本社:東京都中央区、社長:石橋眞一、以下「ジーダット」)は、統合回路設計ツール:C3(Circuit-Cube)の販売を開始いたします。
   C3は、回路図エントリ・シミュレーション実行制御・波形表示・結果解析の各工程をシームレスに統合して、設計効率を大幅に向上させるほか、回路情報および設計ノウハウを蓄積・再利用できる新世代の回路設計ツールです。
   従来から設計者は個々のシナリオに基づいて回路設計・シミュレーション解析を行っているため、回路図や回路制約情報および回路の検証シナリオがノウハウとして蓄積されず、回路設計は個人のスキルに大きく依存しています。
   C3は、これらのノウハウをトータルな設計資産としてデータベース化することで、設計効率を上げ、設計ノウハウの共有や設計資産の再利用を容易に可能とします。結果として、回路設計品質を確実に向上させ、かつ回路設計・検証TATを大幅に短縮出来るようになります。
   さらに、C3は回路制約情報からレイアウト制約を自動生成しますので、高品質のレイアウトが出来るばかりでなく、レイアウト設計からの手戻りをなくし、回路設計からレイアウト設計までのトータルなTAT短縮と設計品質向上を実現します。

   C3は、下記の特長を備えています。

1. 回路図エントリ、シミュレーション実行制御、波形測定を一体化したシームレスな設計・検証作業を実現
2. 設計ノウハウのデータベース化・再利用
      - 回路情報、回路制約、検証シナリオ
3. 回路制約からレイアウト制約を自動生成
      - 回路・レイアウト一貫設計
      - レイアウトから設計の手戻りを削減
      - レイアウト品質の向上
      - EM/IRDrop制約等の生成・検証
4. 効率の良いシミュレーション制御と結果解析
      - 動作点情報を回路図にフィードバックし、飽和条件をビジュアルに確認
      - 解析種別、コーナー設定などシミュレーション実行制御が容易
      - 専用関数GUIによる波形測定条件の容易な定義と自動測定
      - シミュレーション結果の一覧表示による測定結果の確認とクリティカルコーナーの容易な検出
      - シミュレーション結果や測定結果一覧などドキュメント作成が容易
5. 大規模波形データの高速表示、測定、解析
 
C3実行画面
C3実行画面
クリティカルコーナーの容易な検出
クリティカルコーナーの容易な検出
目標仕様設定シナリオ
目標仕様設定シナリオ
.OP結果検証とのAsca上での表示
.OP結果検証とのAsca上での表示
 
   C3は、今月21日(大阪会場)および23日(東京会場)に開催されるJEDAT EDA Fair 2009にてデモンストレーションをご覧いただけます。
 
   株式会社ジーダット(Jedat Inc.)概要
 
所在地 東京都中央区日本橋人形町2-26-5
設立 2004年2月2日
資本金 760,007,110 円
代表者 代表取締役社長 石橋眞一
事業内容 電子回路・半導体集積回路・フラットパネルディスプレイ向けの設計支援ソフトウェア(EDA)の研究、開発、販売およびコンサルテーション
   本件に関するお問い合わせ先
 
【報道機関】
株式会社ジーダット  経営企画部  太田裕彦
TEL:03-5847-0312
【お客様】
株式会社ジーダット  営業技術本部  柿木利彦
TEL:03-5847-0314
以上
*リリース文のPDF版はこちら