■ 世界初のフラットパネルディスプレイ向け3次元容量抽出ツールの販売開始に関するお知らせ
2009.10.09 
 
報道機関各位
2009年10月9日
株式会社ジーダット
世界初*のフラットパネルディスプレイ向け3次元容量抽出ツールの
販売開始に関するお知らせ
 
 
   株式会社ジーダット(本社:東京都中央区、社長:石橋眞一、以下「ジーダット」)は、フラットパネルディスプレイ向け高精度3 次元配線容量抽出ツール:FineQap の販売を開始いたします。
   従来、フラットパネルディスプレイの最適な配線特性は、配線抵抗だけに注目していれば十分に確保できていましたが、フラットパネルディスプレイ大規模化・高速化により配線容量の影響が無視できないようになってきました。
   ところが既存の容量抽出ツールでは、フラットパネルディスプレイに必要十分な精度が出ない、数cm以上の長い配線の容量抽出ができない等、実用上の問題点がありました。
   今回開発しましたFineQap により、はじめて大規模化・高速化したフラットパネルディスプレイの3次元配線容量抽出が可能となり、試作することなく十分な表示品質を確保できるようになりました。
   FineQap は、既存のツールではできなかった下記のようなフラットパネルディスプレイの特徴に対しても、高精度な配線容量の抽出を実現しました。
 
■ 微小幅、微小高の長配線
■ 直行系以外の配線(斜め配線)
■ 非平坦化プロセス
■ グランド基板のないモデル
3次元配線容量通出モデルのイメージ図
3次元配線容量通出モデルのイメージ図
算出の元となる3D配線とグリッド図
算出の元となる3D配線とグリッド図
算出結果 配線表面に容量濃度を表示
算出結果 配線表面に容量濃度を表示
 
   FineQap は、ジーダットのフラットパネルディスプレイ設計用環境:α−SX FineCreatorと連動して稼動し、断面構造のパラメータを指定するだけで、高速に配線容量を抽出できます。さらに抽出した容量値を回路設計環境へ戻して、Spice シミュレーションを行うことにより、高精度な配線遅延を算出することができるようになりました。
*)2009年10月現在、当社の調査による。
 
   株式会社ジーダット(Jedat Inc.)概要
 
所在地 東京都中央区日本橋人形町2-26-5
設立 2004年2月2日
資本金 760,007,110 円
代表者 代表取締役社長 石橋眞一
事業内容 電子回路・半導体集積回路・フラットパネルディスプレイ向けの設計支援ソフトウェア(EDA)の研究、開発、販売およびコンサルテーション
   本件に関するお問い合わせ先
 
【報道機関】
株式会社ジーダット  経営企画部  太田裕彦
TEL:03-5847-0312
【お客様】
株式会社ジーダット  営業技術本部  小野信任
TEL:03-5847-0314
以上
*リリース文のPDF版はこちら