copyright

■α-SX V3.3.0をリリースしました。

 2008.08.12

α-SX V3.3.0リリースのお知らせ
 
 

この度、α-SX V3.3.0をリリースしましたのでお知らせ致します。 今回リリースしましたV3.3.0は、主に設計効率の向上及び大規模対応を目的に下記のような拡張を行っております。

 
 
 

Ismo
・Asca-Ismoクロスプローブを高速化しました。
・ネットドリブン機能を拡張しました。
・スタンダードセルのロー内配置、編集機能を強化しました。
・ParaO VIAサポートによる複雑なプロセス制約への対応しました。
・ビットマップ画像ファイルのレイアウト上への引用機能をサポートしました。 
・テンプレートベースのバス配線生成機能(Pathmo)をサポートしました。


 


Asca
・ネット情報比較機能をサポートしました。   
・Verilog入出力のGUIを統一しました。   
・パラメータパッシング機能をサポートしました。   
・他社波形ビューワの起動機能を追加しました。


 


Hbuilder(回路図・ネット情報の階層再構築)
・階層編集時の制約(クラスター、ペア制約など)継承をサポートしました。   
・プレビュー機能 (階層構造の回路図自動生成 )をサポートしました。   
・パッシングパラメータ機能を拡張しました。   
・クロスプローブ機能を強化しました。   
・変換されたネットリストの構造チェック機能をサポートしました。   
・既存レイアウトからの読み込み機能をサポートしました。

  
 


レイアウト検証系(iDRC,iLVS)

・ルール解析機能を強化しました。   
・他社ツールのルール変換率を向上させました。

 


AnalogCreator
・階層一括面積見積もり機能(Bricks)を新規リリースしました。
・テンプレートベースレイアウト合成(Laplace)に
繰り返しトランジスタパターンをサポートしました。
・デバイス素子自動配置(Amper)にインタラクティブな自動配置機能をサポートしました。  
・フロアプラン制約(CVM)にExcelフォーマット直接入出力機能をサポートしました。


 


FineCreator

LCDシミュレータ(ExpertLCD)とのI/F(SimfaceLC)を新規リリースしました。   
・IC-FPC配線の自動生成ツール(FineFPC)を新規リリースしました。   
・FPD向け露光用レシピの自動生成ツール(FineGlass)を新規リリースしました。   
・FineAcresに論理演算機能とプロパティ設定機能を追加しました。   
・FineERCにアレイ階層処理機能を追加しました。


 
技術的なお問い合わせ窓口
  

α-SX 専用 E-mail :こちら
ホットライン専用(直通) :03-5847-0318 / 050-5555-5604(IP電話)

 
営業的なお問い合わせ窓口

  
東京営業 :03-5847-0313 / 050-5555-5603(IP電話)
大阪営業 :06-6150-0930