copyright
STARCスターシャトルのカスタム設計用プロセス・デザイン・キットのサポートを開始
 2007.1.16

報道機関各位
(JE11-EP-06002)
2007年1月16日
株式会社ジーダット

ジーダット、STARC スターシャトルのカスタム設計用
プロセス・デザイン・キットのサポートを開始


 株式会社ジーダット(本社:東京都中央区、代表取締役社長:石橋眞一、以下「ジーダット」)は、本 日、株式会社半導体理工学研究センター(本社:神奈川県横浜市、代表取締役社長兼CEO:下東勝博、 以下「STARC」)が運営する90nm LSI 試作サービス(登録名称:☆Shuttle スターシャトルR、以下「ス ターシャトル」)向けのカスタム設計用プロセス・デザイン・キット(以下「PDK」)を、ジーダットのカ スタム設計プラットフォーム:α-SX 設計システム(以下「α-SX」)上で開発し、スターシャトル顧客 向けに提供していくことを発表します。

 スターシャトルは、半導体5社(富士通、松下電器産業、NECエレクトロニクス、ルネサステクノ ロジ、東芝)の支援をもとに提供する、90nm 標準プロセスによる国内初の試作サービスです。 2003 年10 月に試作を開始し、2005 年10 月からはSTARC が窓口になり、国内の大学や一般顧客等 多くの研究開発に活用されています。 今回のカスタム設計用PDK の開発・導入により、α-SX の顧客 は、スターシャトルを利用する際に大幅な設計効率化が可能になります。

  「高い精度と実運用性を発揮している90nm スターシャトル・サービスをより多くの顧客に利用いただ くには、色々な設計環境でサポートすることが重要です」と、STARC 執行役員兼開発第3部長の伊藤 荘一氏は、次のように述べています。「90nm スターシャトル・サービスは、既に250 件を超えるデザ イン数の実績があり、アナログ分野を中心とするカスタム設計が順調に増加してきています。今後とも このニーズにタイムリーに応えていくためには、より多くの設計環境でスターシャトルの設計が出来る ことが重要になります。 ジーダットのα-SX は、国内のカスタム設計分野に於いて大きなシェアを持 っており、今回その強力なレイアウト機能を有するスターシャトル向けカスタム設計用PDK がサポー トされることによって、シャトルユーザの設計効率化と設計品質の向上が可能となるばかりでなく、さ らに多くの顧客にスターシャトルを利用いただけるものと期待しています。」

 「スターシャトルは、国内の共有インフラです。」とジーダット取締役の藤岡督也は、次のように述べ ています。「スターシャトルがサービスされていることにより、国内の大学やベンチャー企業を含む一 般企業が最先端プロセスを使って安価にLSI チップを試作することができます。 これは、最先端設計 における競争力確保のためには不可欠なものです。 ジーダットは、α-SX の豊富な機能や高い操作性 による効率的な設計環境上にスターシャトル向けカスタム設計用PDK を提供することによって、スタ ーシャトルの利用拡大に貢献していきたいと考えています。」

  α-SX のスターシャトル向けカスタム設計用PDK は、STARC とスターシャトル使用契約をされた顧 客に無料でジーダットから提供します。 α-SX 並びにPDK のサポートについては、ジーダットまで お問い合わせ下さい。 また、詳細な情報は、ジーダットのホームページ(http://www.jedat.co.jp)で もご覧いただけます。
 

■ 株式会社ジーダット(Jedat Inc.)概要
所在地 : 東京都中央区日本橋小舟町6-6
設 立 : 2004 年2 月2 日
資本金 : 527,739,610 円
代表取締役社長: 石橋眞一
事業内容 : セイコーインスツル株式会社のEDAシステム事業部が分離独立して設立され、 半導体集積回路や液晶モジュール等の設計に不可欠なEDAソフトウェアの 研究、開発、販売およびコンサルテーションをおこなっています。特に、カスタム 設計向けの製品にフォーカスして競争力を発揮すると伴に、DFM分野の技術なら びに製品の強化を行っています。 詳細は、ジーダットのホームページ(http://www.jedat.co.jp)をご覧下さい。

■株式会社半導体理工学研究センター(STARC)概要
所在地 : 神奈川県横浜市港北区新横浜三丁目17番地2
設 立 : 1995 年12 月28 日
資本金 : 4億4千万円
代表取締役社長: 下東勝博
事業内容 : 日本の半導体メーカー11 社の出資で設立され、国内大学の半導体関連研究基盤を 拡大するため、大学と半導体産業界との共同研究を推進すると伴に、SoC 設計技術 者育成、SoC 設計効率向上を目指した設計基盤技術の共同開発、90nm LSI 試作シ ャトルサービス(☆Shuttle スターシャトル(R) )の運営などを行っています。さら に、活動成果を出資企業へ移転しその事業に寄与すると伴に、技術標準として公開 あるいはパートナー企業へライセンス供与して製品化し、日本の半導体産業の競争 力向上に貢献しています。 詳細は、STARC のホームページ(http://www.starc.or.jp)をご覧下さい。

■本件に関するお問い合わせ先

【報道機関】
株式会社ジーダット 経営企画部 太田裕彦
TEL:03-5847-0312
E-mail:domanda.2007@jedat.co.jp

【お客様】
α-SX 並びに PDK については
株式会社ジーダット EDA営業技術部 藤岡督也
TEL:03-5847-0314
E-mail:domanda.2007@jedat.co.jp

スターシャトルについては
株式会社半導体理工学研究センター 開発第3部 武智真
TEL:045-478-3741
(http://www.starc.jp/starshuttle/ShuttleTop.htm よりお問い合せ下さい)


以上
  * リリース文のPDF版はこちら