copyright
■「GLSVLSI 2005」で自動配線ツールに関する論文を発表
 2005.04.18

「GLSVLSI 2005」で自動配線ツールに関する論文を発表
2005年4月18日に米国シカゴで開催されました「GLSVLSI 2005」で、弊社の符が論文審査の難関を突破して、自動配線ツールのアルゴリズム(シェープベース配線手法)に関する論文を発表しました。
 ここで発表しました先進的なアルゴリズムは、将来
当社の製品に活用する予定です。
注1) これまでの論文発表の実績は、こちらをご覧下さい。
注2) 「GLSVLSI」とは、毎年米国で開催されるLSIの設計手法に関する権威ある学会です。