■ Laflin社, IPL Alliance, FishTail社のDAC2011出展情報について
2011.05.23 
 
Laflin社, IPL Alliance, FishTail社のDAC2011出展情報について
dac2011 ロゴ
 
来る2011年6月5日から9日まで、米国カルフォルニア サンディエゴ コンベンションセンターにて開催されます「48th DAC(Design Automation Conference)」において、当社パートナー各社は、下記の通り展示・デモを行います。

DACにお越しの際は、是非各社ブースにお立ち寄りくださいますようお願い申し上げます。
デモのご予約は各社にて受け付けておりますので、お手数ですが事前登録をお願いいたします。
 
 Laflin Limited      (Booth : #1924)
出展内容:HOTSCOPE - V7.7.1
【V7.7.1の特徴】
    - レイアウトデータからのネット抽出・回路図生成
     
  • 抵抗素子認識
  • 断面表示とのリンク
  • インスタンス表示編集(非表示、インスタンス展開表示)
    - ポリゴン論理演算/簡易DRC
     
  • 特長:チップ対応/領域対応、マルチコア対応
  • 機能:論理演算(OR、AND,XOR、SUB、NOT、SIZE )
    • 簡易DRC(スペース/幅、頂点距離、微小ノッチ/微小ホール、微小ジョグ、微小エリア、オングリッド)
    • パターンマッチング
    - LEFDEFハンドリング機能の拡張
     
  • 多段検索、操作性改良
デモのご予約はからお願いいたします。
 
 IPL Alliance      (Booth : #3328)
出展内容:α-SX
    - IPLメンバーとして、IPL1.0対応の紹介
    - 回路設計環境(C3(Circuit-Cuve))とレイアウト設計環境(Ismo)のiPDK対応に関するデモ
iPDK
デモのご予約はからお願いいたします。
 
 FishTail Design Automation, Inc.      (Booth : #1304)
出展内容:
    - SDCマージによるP&R実行時間の50%削減 (含むユーザ事例)
    - 5Mインスタンスでのマルチサイクルパス検証を1昼夜で実行
    - 豊富なClock/IOでの制約生成、検証機能
    - IPブロックの制約のPromotion機能によるSoC制約の自動生成
    - クリティカルなマルチサイクルパス生成によるTNSの25%〜60%の削減
    - RTL/GATE間のSDC制約の等価性検証
デモのご予約はからお願いいたします。
 

 
皆様のご来場をお待ち申し上げております。