■ FishTail社, Legend社, Laflin社のDAC出展情報について
2010.06.08 
 
FishTail社, Legend社, Laflin社のDAC出展情報について
 
来る2010年6月13日から18日まで、米国アナハイムにて開催されます「47th DAC(Design Automation Conference)」において、当社パートナー各社は、下記の通り展示・デモを行います。

DACにお越しの際は、是非各社ブースにお立ち寄りくださいますようお願い申し上げます。デモのご予約は下記URLにて受け付けておりますので、お手数ですが事前登録をお願いいたします。
 
 FishTail Design Automation, Inc.
Booth : #186
FishTailブースでは、下記の最新テクノロジを中心に最新フローをご紹介いたします。
    - Multi-Mode Constraint Merging
- Formal MCP verification
- Constraint Generation
ブース展示・デモスイートの他にUser TrackとExhibitor Forumにて下記の発表を行います。
User Track : Intel社 事例発表
    Formal Verification of Multicycle Overrides on a Graphics Chip,
Chunduri Mohan, Intel - Wednesday, 6/16 at 10 AM in Room 208AB
EXHIBITOR FORUM:ベンダ・プレゼンテーション
    (1) Formal Verification of Multi-Cycle Paths on SoCs
    (MCP設定ミスを検出によるSign-Off検証フローのご紹介)
    Ajay Daga, FishTail - Monday 6/14 at 3:20 PM in Booth 1562
    (2) Design Flow Innovations, Cutting Place and Route Runtime in Half by Automatically Merging Multi-Mode Constraint Files,
    (自動生成されたマルチモードSDCでP&R時間を50%削減)
    Ajay Daga, FishTail - Wednesday 6/16 at 2:20 PM in Booth 1532
FishTail社のスイート予約は のメールアドレスまで直接お申し込みください。
 
 Legend Design Technology, Inc.
Booth : #543
Legendブースでは、シミュレーション環境と特性解析ツールを中心に展示デモいたします。
出展製品
1. Model Diagnoser - Ultimate Cell Library QA and Debugging Solution
DEMO: Model Diagnoser Result Analyzer with Interactive Debugger
2. MSIM Spice simulator - Total Simulation Solution for IC and PCB Designs with the associated Design Manager
DEMO: Model Diagnoser Result Analyzer with Interactive Debugger
3. Complete IP Characterization Solution for Memory IP and Cell Library
    A. CharFlo-Memory!: Automatic Memory Characterization
    B. CharFlo-Cell!: Automatic Standard Cell/IO Characterization
4. Full-Chip Circuit Simulation by Turbo-MSIM Fast-Spice Simulator
Legend社のスイート予約は下記URLにて受け付けております。
http://www.legenddesign.com/dac/dac_form.shtml
 
 Laflin Limited
Booth : #186
超高速表示・解析ブラウザ"HOTSCOPE"の最新バージョンを展示いたします。
主な特長・機能は以下の通りです。
    ・大規模データ操作
        最近のBMでは、50GBのGDSデータを83秒でオープンすることができ、しかも、使用メモリは僅か600MBでした。これ以上のデータ量でも、メモリ消費量が極端に増加することはなく、省メモリで最大の効果が得られます。
    ・等電位追跡機能を使ったレイアウトデータからのネットリスト抽出
    ・抽出ネットリストを使った回路図生成
    ・レイアウトデータと回路図とのクロスプロービング
        等電位追跡機能を大幅に機能拡張いたしました。単純に等電位のポリゴンデータをハイライトさせるツールが多くありますが、HOTSCOPEはデバイス認識・セル認識・論理認識を行い、ネットリストを抽出します。さらに、このネットリストを使って見やすい回路図をインクリメンタルに生成させることができます。ユーザは、この生成された回路図とレイアウトデータをクロスプローブさせることで効率的なレイアウト検証を行うことができるようになりました。
Laflinの紹介は下記URLにてご覧いただけます。
http://www.dac.com/ebooth/exhibitor.aspx?confid=14&mpid=1158
 

 
皆様のご来場をお待ち申し上げております。