株式会社ジーダット

イベント情報
×Close
2014/05/08
イベント
JEDAT社およびパートナー企業の DAC2014 出展情報について
お客様各位
2014年5月8日
株式会社ジーダット

JEDAT社およびパートナー企業の DAC2014 出展情報について



来る2014年6月2日から4日まで、米国サンフランシスコにて開催されます「51回 DAC(Design Automation Conference)」において、当社および、パートナー各社は、下記の通り展示・デモを行います。

DACにお越しの際は、是非各社ブースにお立ち寄りくださいますようお願い申し上げます。 デモのご予約は下記メールにて受け付けておりますので、お手数ですが事前連絡をお願いいたします。



Jeadt Inc.   Booth: #2305


■ Reuse-based Analog Synthesis   アナログ回路・レイアウト合成ツール

再利用メソドロジを利用し、最先端プロセスに適用可能な自動設計手法で、設計品質およびTATの改善が可能になります
オリジナルな設計データを利用し、ターゲットプロセスへのポーティングでの、設計者に予測可能な回路・レイアウト設計データを自動生成します。

最先端テクノロジでは、FinFETでのレイアウト制約を考慮した、マトリックス・アレー形式の自動レイアウトに対応します。

これらのツールは、次の4つのタスクに分かれ、ユーザは設計でのクリティカルな工程に利用することができます。
また、これらはOAベースのツールですので、現在の設計環境を変更する必要はありません。
Reuse-based Analog Synthesis Image
  • PDK Mapping and Schematic Porting
  • Circuit Optimizer
  • Topology Reuses P&R
  • Novel Matrix-Style P&R

■ Vela-iDRC   高速・高精度インタラクティブDRC

  • Vela-iDRCは、高速な階層DRCおよびマルチスレッディングにより、大規模・先端データをインタラクティブに高速・高精度な解析・デバッグを可能とします。
  • αSX Ismoと連携することで、複雑なDRCエラーを高速検証・データ検索および編集するという ループを短時間で回し、迅速なテープアウトを可能とします。
  • 検証エンジンをサーバーに、編集環境をローカルにすることで設計環境の有効利用が図れます。


EDXACT SA   Booth: #527



寄生効果によるSpiceネットリストの規模増大の課題を、現存のツールフローをそのままにして、実績のあるmathematics-based な縮退ツールJivaroにより解決します。
下記の機能をエンハンスしています。
  • 温度相関性を保った抵抗の縮退
  • モデル込の抵抗の縮退
  • 並列ネットの探索と併合
  • アクティブ素子の縮退
さらに、次の2つのツールををご紹介します。
  • Belledonne:
     2つの抽出されたネットリストを、寄生RCやRC遅延への影響という観点でバッチ的に比較します。
  • Viso:
     抽出後の指定ポイント間のRC delay、総容量、また各層のRCdelayへの貢献度などのレイアウト解析を行います。


    • FishTail Design Automation, Inc.   Booth: #1725



      SDC制約のフォーマル検証の品質・機能向上をご紹介します。 Fishtailは、どのようなデザインのサイズ・論理の複雑さに対しても、例えば下記のような機能をご提供できる唯一のEDAベンダーです。
      • generated clockで指定されたperiodの設計における機能との整合性の検証
      • multiple combinationalピンに指定されたcase analysisの、これらをドライブする論理との一貫性の検証
      • クロックが論理的に相互にexclusiveか否かの検証
      • デザインとしての機能やアーキテクチャとして、マルチサイクルパスが正しいか否かの検証、そしてすべてのマルチサイクルパスによるパス制約を検証します。
      さらに、ライセンスやマシン数、さらには合成・P&R・STAの実行時間を削減できる、SDCのmode-merging機能をご紹介します。
      また、clock browser/ constraint debug environmentをご紹介します。


      Runtime Design Automation   Booth: #1625



      リソース管理、プロセス自動化、そして設計最適化と3つのテーマで出展します。
      リソース管理では LicenseMonitor/NetworkComputerによる計算機/ライセンス資源の最適化、プロセス自動化ではFlowTracerによる効率的なツール実行を対案します。
      さらに今回初めてスイートを設置し、次の3つのFlowApps(アプリ)をご紹介します。

      ■ Functional Coverage:ランダムテストの新しいカバレッジ手法

      ■ Libray/IP Delivery:スケーラブルなライブラリ/IPの新しい配布手法

      ■ QoR Convergence:斬新的なQoR手法


      なお、スイート・プログラムの聴講には事前登録が必要です。


      Silicon Frontline Technology   Booth: #1719



      最新のテクノロジ展示・デモを行います。また、タブレットの抽選を毎日行います。

      ■ パワーデバイス解析

      • Ethan (Electro-thermal analysis)
          Ethanによる信頼性と効率向上に向けた適用事例についてご紹介
      • R3D
          最新のプロセスノードを含め複雑なパワーデバイスへの適用についてご紹介
      • R3DGate
          高速パワーデバイスほど重要となるゲート遅延解析と最適化の実現

      ■ ESD解析(ESRA)

      • ESRAが持つ独自のESD解析機能、採用される理由等についてご紹介
      • 新機能であるESD保護素子以外の通常デバイスの破壊強度解析
      • ESDデバイスに対する解析機能

      ■ IR Drop、エレクトロマイグーション解析

      • IR Dropやエレクトロマイグーションの危険性をチェック
      • レイアウトデータのみによる早期段階からチェックを実現
      • 新機能である結線全体の抵抗マップ表示についてご紹介

      ■ 寄生抽出

      • 高精度を保証したフルチップ抽出手法についてご紹介
      • ネットごとの要求精度に応じた抽出を実現、最適な解析手法を提供


      皆様のご来場をお待ち申し上げております。 お問い合わせ、ご予約は こちら までお願いいたします。
      以上